相続財産の計算で土地のしめる割合は大きい

[icon name=”201-pencil.jpg”]相続税申告書の作成は財産評価の問題であるといえるほど評価のしめるウエイトは大きいです。特に土地は金額が大きく納税額に大きく影響するので適切に評価する必要があります。[/icon]
預貯金は残高証明書、預金通帳で確認できますし、上場株式については相場が公表されているので簡単ですが、土地評価は路線価方式または倍率方式で評価することになります。まずは土地評価を確定させなくてはいけません。
路線価図の見方と土地評価の計算方法について次のサイトが参考となります。
[button color=”blue” href=”http://www.rosenka.nta.go.jp/docs/ref_prc.pdf”]路線価図の見方と計算例(国税庁)[/button]

[button color=”blue” inset=”true” href=”http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h27/index.htm”]h27年分路線価を調べる(国税庁)[/button]