相続税申告に必要な書類を収集する

[icon name=”201-pencil.jpg”]相続税申告に必要な書類のリストのPDF作成しましたのでご参考までに。このPDFに記載のすべてが必要といいうことではありません。財産の所在、数量金額については正確に記載するためにできる限り公的な証明を取り寄せて確認する必要があります。また遺産分割協議書には、財産に所在数量金額を正確に表記する必要がります。遺産分割協議書は不動産の相続登記、預金の解約など財産の名義変更で必要です。[/icon]
[button color=”blue” href=” http://www.fptax.com/wp-content/uploads/2015/06/sinkokudoc.pdf”]相続申告に必要な書類(pdf)[/button]
[button color=”blue” href=” https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sozoku/shikata-sozoku2014/pdf/05.pdf”]相続税の申告に際して提出いただく主な書類(国税庁)[/button]

通常はまず….

  1. 被相続人(なくなった方)の出生から死亡までの戸籍謄本一式
  2. 相続人の戸籍謄本
  3. 預金の残高証明書(死亡日現在)、預金通帳
  4. 不動産(土地・建物)の登記事項証明書
  5. 葬儀費用の領収書

などを確認して概算で相続税の見込み額(課税か非課税か)を計算していきます。その後随時必要に応じて細部を検討してくとよいです。いきなり完成形はできません。
「相続税の申告のためのチェックシート」(国税庁)に申告でチェックすべき資料の一覧がまとめられています。
[button color=”blue” href=” https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sozoku/checksheet2015/pdf/01.pdf”]相続税の申告のためのチェックシート(国税庁)[/button]