Back Home

相続税の基礎知識を理解する

相続税の基本的項目を理解するには

まずはじめに相続税全体の流れをみておく必要があります

  1. 遺産総額の計算
  2. 基礎控除額
  3. 相続税の総額
  4. 配偶者の税額軽減
  5. 宅地の評価
  6. 小規模宅の特例
  7. 申告期限

などについて以下のページで説明があります
財産を相続したときの税金(国税庁)

次に国税庁ホームページのタックスアンサーで相続税の概要を読むことをお勧めします。 はじめは理解しずらいかも知れませんが、どれも 必要な知識であるのでじっくり理解するようにして下さい。市販の相続税の解説本も参考になりますがネット検索で必要な項目を調べるのが早いでしょう。タックスアンサー・相続税 相続税の申告についての簡単な解説については 相続税のあらまし(国税庁)
さらに具体的にもっと詳しい解説として
相続税の申告のしかた(国税庁) が参考となります。 用語の定義がキチッとされていえるので「相続税の申告のしかた」はよくできています。 まずこれらを読んで理解すればよいでしょう。 複雑な事例になれば税理士に相談することになりますが、基本的な考えかたは上記資料で十分です。

具体的な 申告書の記載例があるとよいのですが、公表の例示は少ないです。 参考例として 相続税申告書・記載例(国税庁) 初めは難しいように感じるかも知れませんが

  1. 相続税の課税価格を計算する
  2. 相続税の総額を計算する
  3. 相続税人ごとの具体的納税額を計算する

というのが大きな流れです。