相続人に配偶者がいる場合では相続税がゼロのケースも多い

[icon name=”201-pencil.jpg”]遺産総額が2億円未満であるとき「小規模宅地の特例」と「配偶者の税額軽減」の特例を使い納税額が事実上ゼロとなる場合が多いです。[/icon]
遺産総額が大きくなく特例を使って申告は必要であるけれど相続税がゼロとなる見込みのときは、税理士に申告作成の作成依頼をしないで自力申告をする意味があります。
この特例は対象財産が配偶者が相続する場合、遺産分割協議で分割が確定していることが要件となります。 遺産分割協議次第で相続税額が増減するので二次相続にも配慮して遺産分割協議をする必要があります。 ネット検索でも詳しく解説されているので上手に特例を適用できるようにする必要があります。
当事務所では遺産分割協議書の作成と税額のシュミレーションのご相談をお受けしております。

freesoudan

[contact_form]

namecard